『シン・ゴジラ』劇場版ポスター

『シン・ゴジラ』を語るポイントはいくつもある。東日本大震災や原発事故のメタファーとしての「災害」たるゴジラ。ファースト・ゴジラの持っていた、核エネルギーの負の産物が怪獣の形をとり、純然たる「人類の敵」として襲ってくる設定。日本政治のパロディ。あるいは監督・庵野秀明によって「エヴァ・ナイズ」されたゴジラ、などなど。

しかし私が最も衝撃を受けたのは、序盤に出てくるゴジラ第二形態の姿だったのである(図1、未見の人には映画で初遭遇して欲しいので、あえて足だけ)。事前情報をシャットアウトしていたので、初見の衝撃は計り知れなかった。「あっ、これが『ゴジラ』でもいいんだ」と思った。

図1:『シン・ゴジラ』東宝, 2016年

私にとっての『シン・ゴジラ』とは、ゴジラ再解釈の可能性を大胆に示した作品なのである。

ゴジラ第二形態は、ダサい。もうこれ以上ないくらいブサイクである。歩行しかできないし、 体液を撒き散らしつつ移動するお下品な様子は、糞をばら撒きながら飛行する鳩のごとくだ。ゴジラとは似ても似つかない悪相なのだが、同時に確かにゴジラらしい面も持ち合わせていて、それは背びれを震わせて海から上陸し、建物をなぎ倒していく様子である。そして進化を繰り返しながら徐々にオリジンのゴジラに近づいていく、という設定。生物でありながらメカニカルな生態と攻撃方法。

半世紀以上の歴史の中で、ゴジラという生物は固定観念と様式美の塊と化し、怪獣界の水戸黄門と成り果て、観客は飽きていた。庵野秀明は、その硬直したゴジラ像をぶっ壊したのである。とんでもなくブサイクなトカゲゴジラを解き放つことによって!

思えば庵野秀明はそういう斬新な新解釈を好む監督のはずである。彼の代表作『新世紀エヴァンゲリオン』も、ロボット物の常識を覆し「ロボットみたいだけど生物」「機械っぽいけど血を出す」といった、巨大ロボの再解釈を大胆に披露してみせた。 『新世紀エヴァンゲリオン』 ではロボットが生物に近づいたが、『シン・ゴジラ』では逆に生物がロボットに近づいている(図2)。

図2: 『シン・ゴジラ』東宝, 2016年

「本来の」ゴジラである第四形態、そして何かと話題になった第五形態にも様々な新解釈が盛り込まれている。ネタバレを避けるために詳しくは言及しないが、特に第五形態はそれまでのゴジラ像を180度転倒させる解釈であり、しかしそれを観客に納得させたことによって、見事としか言いようがない。私はいっそ、第五形態を見せるためにこの映画が作られたと言ってもいいのではないかとすら思っている。

何故かと言うと、第五形態の謎に引っ張られる形で観客はこの映画を再度鑑賞しなければならないからだ。この映画の意図的な情報過多の作り(字幕多すぎ、早口過ぎ、チラ見え情報多すぎ)は、このような解釈の逆再生を初めから見込んでいる。これも非常に「エヴァ的な」トリックである。とにかくひたすら「何かありそう」「だけど情報が多すぎて分からない」展開を連発しながら、周囲を煙に巻き、最後にいかにも謎めいた予言の最後っ屁を残し、庵野は飛び去った。彼は手品師であり、ペテン師であり、預言者であり、夜逃げの達人である。庵野秀明という人は一流のハッタリ屋であって、 そして虚構というものはそもそもがハッタリなのだがら、つまり彼は、一流の映画監督なのである。

第二形態のブサイクなゴジラを見るたびに勇気が湧いてくる。こんな斬新な解釈を、ゴジラという伝統の中で行ってもいいんだ、と。私にとって第二形態は、勇気の象徴である。

パッケージレビュー

(背後のゴジラは別売り)

『シン・ゴジラ』 UHD BD 付属版

実はこの映画はサウンドが珍しい作りで、なんと3.1chなのである。つまり前方スピーカーしか鳴らない。エンディングで鳴る初代BGMなど、わざわざセンターのみからモノラル再生されるほどである。庵野監督によれば、これは「『シン・ゴジラ』はドキュメンタリーだから」だとか。ドキュメンタリーなので撮ったままの音がいいと。

しかしサラウンド環境を構築している身としては、やはり後方サウンドがないのは残念でならない。中盤の戦闘シーンでは、もし5.1chなら迫力の砲撃音が楽しめたはずだ。なお怪獣映画の例に漏れず、重低音が激しいのでサブウーファーの使用は強く推奨する。ゴジラが橋を吹き飛ばすあたりなど、ヤバイ迫力だ(我が家の近隣の心証もやばい)。

さて、UHD版は通常BDに付属する形でのプレミアムパッケージとして販売されているが、「ほぼファンアイテム」と言っていいと思う。映像は2Kアプコンなので精細さは変わらないし、ぶっちゃけ比較しても色合いの変化以外はよく分からなかった。色に関しては結構違う。UHD版の方が自然な感じで綺麗だと思うし、制作インタビューによればこれで劇場版とほぼ同一らしい。

誤解のないように書いておくと『シン・ゴジラ』はBD版の時点で、既に非常に美しい映像が収められているハイクオリティな作品であり、ここで述べているのは単にUHD版とBD版の差異が少ないということである。

特典映像はわざわざ2ディスク用意されているものの、似たような予告編映像が多い。多分予告編は網羅されていると思う。中には会議の様子などを映したメイキングや、上映会での舞台挨拶なども収録されている。

ところで日本の作品でありながら、早口が多いので字幕がありがたい。専門用語や固有名詞は音で聴いても何なのかよく分からないので。

【映画】カテゴリーの記事一覧

LINEで送る
Pocket

投稿日時: 2019/07/07 ― 最終更新: 2019/10/10
同じテーマの記事を探す