『ロッキー 2』(’79) / 物欲魔人と化したロッキー

2020/08/16 ・ 映画 ・ By 秋山俊
『ロッキー2』MGM, 1979年

序盤で買い物に明け暮れるロッキーが描かれるが、これは『ロッキー』(’76)の成功によって一躍大金持ちになったスタローン自身の姿を描いているのだろう(図1)。

その後も他人の子供へのサインをねだられ、「親愛なる……へ。会ったことさえないのに」っと呆れ、CM撮影では滑稽な衣装を着せられ「バカみたいに見える」っと、突然スターになった苦労人の戸惑いが描かれる。そういう点で『ロッキー 2』もまた、脚本を書いたスタローンの人生が反映されている。

図1:物欲の鬼、ロッキー(『ロッキー 2』)

そうして舞い上がってしまったロッキーが、虚飾に満ちた商業の世界と折り合いがつかず、本来の天分であるボクシングの道に戻り、猛特訓の末にアポロとの再戦に挑む……と、全体としては『ロッキー』の再奏。

シリーズはその後、同一のドラマを何度も繰り返すのだが、『ロッキー 2』の時点ではまだ脚本に無理がない。上述したような、祭り上げられたスターの苦悩や、周囲の人間とのドラマも丁寧に描かれるので、手堅く楽しめる続編となっている。

予算がついたためか全体的にリッチな演出になり、特にスローモーションを多用した最後のボクシングシーンは迫力がある(図2)。

図2:『ロッキー 2』

本作はスタローンが監督を務めた2つ目の作品となる。スタローンは実は監督にも向いている。彼のコメンタリーなどを聴けば分かるが、スタローンは作家的視点から演出を組み立てる思考力や、鋭い人間観察力を持っているので、決して役者バカな人間ではないのだ。彼が監督を務めた作品では、たとえば『ランボー 最後の戦場』(’08)も素晴らしい出来になっている。

満足度:8/10

映画の記事一覧

LINEで送る
Pocket

投稿: 2020/08/16 ― 更新: 2020/08/20
同じテーマの記事を探す
関連記事
コンテンツ
文客堂について