『恋のニノウチ』でピエール手塚のスゴさが世間にダダ漏れになった【ラジオ】

2021/11/21 ・ 漫画 ・ By 秋山俊

ラジオ再生

作品引用

「女の子が可愛く描けているし、今までの濃い感じの線を捨てずに見やすさとか綺麗さみたいなものを出せている……」(ピエール手塚『恋のニノウチ』集英社, 2021年)
「バトルに乗せて自分の思想とか問いかけを……」 (『恋のニノウチ』)

『恋のニノウチ』

2021年11月現在無料公開

収録後の追記

『恋のニノウチ』 は、以前描いていた『少年対組織暴力』の変奏かと思う(マンガフォリオ内で読める)。どちらも柴田ヨクサル『エアマスター』の影響が強いのかもしれない。たしか私がピエール手塚氏の記事を最初に読んだのも『エアマスター』関連の記事だった。ちなみに氏の作品の中で、個人的に一番面白かったと思うのは『誰ガ為ノ草枕』(pixivで無料公開中)。

彼のアマチュア時代からブログを読み、ラジオを聴き、作品を読んでいたので、最近メジャー誌で急激に頭角を現してきて驚いている。いつかの記事で、「自分は過去の作品を参照して理屈でマンガを描くタイプだ」と自己分析していたが、彼の創作は、これまでの膨大なブログやラジオにおける語りの成果であるように思う。

ピエール手塚氏のブログ「漫画皇国」

同ポッドキャスト「漫画帝国」(Apple Podcastなどでも配信中)

(ヘッダー画像:ピエール手塚『恋のニノウチ』集英社, 2021年)

マンガの記事一覧

初版:2021/11/21 ―― 改訂: 2021/11/22

同じテーマの記事を探す