なぜメッセージの交換は長く続かないのか

2021/04/23 ・ 雑記 ・ By 秋山俊
フェルメール《手紙を書く女》

どちらか片方が、それほど長く続ける気がないからである。

15の頃に携帯電話が普及しだして、誰もがメールアドレスを持つようになった。その時面白かったのでメールをよくやっていたが、やり取りしている相手の中には、どうしてもすぐメールの往復が終わってしまう相手もいた。

子供の頃の私は「なんでかなぁ。すぐ終わってしまう」と思い、自分の文章が悪いのかと思ったのだが、おそらく根本的な問題は、相手に続ける気がなかったことなのだ。

逆にお互いがお互いに連絡を望み、「尽きせぬ相手」であれば、連絡を止める方が不可能ではないだろうか。話題があろうとなかろうと、勝手に適当な話題を作って会話が続く。

つまるところ話題とはキッカケであり、メールとは手段であって、目的はあくまで相手と交流することそれ自体なのだ。

テキスト系記事の一覧

LINEで送る
Pocket

投稿: 2021/04/23
同じテーマの記事を探す
関連記事
コンテンツ
文客堂について