大根って偉いよ

2020/08/27 ・ 雑記 ・ By 秋山俊

大根って偉いよ。安くて美味いのに栄養あって偉いよ。

大根のこと、心の中で、今まで低く見てたかもしれない。でも今朝、大根の味噌汁を飲んでいて反省した。ごめん。大根、君はスゴイ。誰がなんと言おうと、この言葉を私は生涯撤回しない。

大根は一見、貧乏くさく見えるが、実は精神の貴族だ。大根は心根が美しい。その証拠に、どこか透明で、ひんやりしていて、嫌味なところが一つもない。たとえるなら、貧乏な家の3人の弟の面倒を黙ってみている委員長タイプ。

大根の心根の美しさは、大根おろしのような形態にすれば一目瞭然だ。清き水のような大根の心。大根よ、君は美しい。汝の名は清白(すずしろ)。

おでんのような空間でも、大根の美徳は際立っている。ちくわや卵たちが「私を食べなさい」と、自らの美点を声高に主張し続ける脇で、大根は静かに沈んでる。そうして、おでんを調和させている。みんなの味を一身に自分の中に取り入れて、自分はちっとも主張しない。大根こそ真の民主主義だ。君こそが第一の市民だ。

人として生きるなら、叶うならば、大根のような立派な人を友としたい。

テキスト系記事の一覧

LINEで送る
Pocket

投稿: 2020/08/27
同じテーマの記事を探す
関連記事
コンテンツ
文客堂について