なぜ謝罪はトンチンカンになるのか

2020/08/03 ・ 雑記 ・ By 秋山俊
Paul Cezanne, Nature morte au crâne

謝罪を受ける側は「相手が過ちを犯したことを誠意を持って謝罪し、そうなった理由を1から10まで説明して欲しい」と考えている。

一方で謝罪する側は大抵「この難局を最小の被害で乗り切れる説明の仕方は何か」を考えることに全力を注いでいる。つまり謝罪することが目的ではなく逃げ切ることが目的であり、謝罪に擬態した自己弁護に傾く。

このように両者の目指すところが根本的に食い違っているケースが多い。また謝罪側は基本的にパニック状態に陥っており、自分を客観視できなくなっている。こうした複合的な要因により、謝罪内容はトンチンカンになりやすい。謝罪を受ける側は謝罪されても「求めていることはそれじゃない」となる。「逃げ切りたい」という魂胆があまりにもミエミエの場合、謝罪会見(動画)がガソリンとなって、さらに激しく燃え上がることすらある。

謝罪する側に本気で罪の意識があり、自責の念が強い場合は、そこまでおかしな説明にはなりにくい。何故ならこの時、謝罪する側の目的は正しく謝罪することであり、相手と目指すところが一致するからである。

テキスト系記事の一覧

LINEで送る
Pocket

投稿: 2020/08/03
同じテーマの記事を探す
関連記事
コンテンツ
文客堂について