「バーチャ」でアキラがいつも強い理由

2021/08/19 ・ eスポーツ ・ By 秋山俊

「VF3tb」までの話は知らない。あと自分自身がアキラ使いであったことは一度もないので、アキラ職人から見ると言いたいことは色々とあるかもしれない。

システムがオレの味方

このゲームは最終的に近接高速ジャンケンに移行せざるを得ず、勝率は各択の与ダメ期待値に比例するため、結局のところ火力がデカいキャラほど安定しやすい傾向にある。火力が正義という世界で、キャラコンセプトが「火力バカ」であるアキラは、キャラ設計とシステムが双生児のごとく噛み合っており、仮に他キャラとパラメータの総量が同じだとしても遅れを取る道理はない。軽量級は震えて守れ。

これは優遇というより、VFの主人公がアキラなので、彼自身がVFの理念を象徴するのは当然の帰結であるように思われる。つまりアキラこそは宿命の子であり、その道着が銀色にはためくのはSEGAの後光を浴びているからに他ならない。この辺が、システム側から見事に絶縁を言い渡されて去勢されたスト5のリュウと異なる。つまりアキラは強いのだ。弱キャラ選んだ時点で読み負け。カーソルが最初からアキラに向いている意図がなぜわからない?

火力が高いクセに、アキラ自体は重中量級の準デブキャラなのでコンボで浮きにくく、被ダメが低い。この「高火力で被ダメが低い」という、ナイト型のパラメータ、HxHで言えば強化系のような設計なので、近接殴り合いゲーのVFにおける優位は揺るがない(これを反転させると、下位ランクは大体軽量級の女性キャラが来やすい必然になる)。

アキラはコンボダメージも当然デカイが、その上、フレーム周りが悪魔のように優秀である。ヤクホには詐欺のように確反がなく、反撃時にもダメを取るのに困ることがない。持って生まれた才能。この辺がラウのような、フレームに穴があり、しゃがパンで文字通り足元を見られてしまう老いぼれとは違う。アキラは全てを持っている。高火力、カイコ、確反なし、すなわち3Kである。

単発技・難しいコマンド

アキラの欠点として一生言われているのは、単発技が多いのとコマンド入力が大変なこと。実際、私はその昔、ヤクホの入力のし過ぎで筋肉痛になって以来、アキラを使うのを止めた。だがより真実に近い言い方をすれば、アキラが私を捨てたのだ。アキラは軟弱者に動かされることを是としない。プライドが高く、持ち主を選ぶ。厳しい鍛錬を積む者だけが、アキラというエクスカリバーを抜くことを許されるのだ。見栄を張って選んでも、提膝弾腿は一向に閃かず、三段技は、セリフをど忘れした漫才みたいに途中で止まり失笑を買うであろう。

ところで現在なら、ヒットボックスの恩恵を一番受けやすいのはアキラな気がする。しかし年中レバーを前にガコガコ倒して筐体を揺らし、ゲーセンの床に震脚を加え、猪突猛進を画面外でも体現してこそのアキラなのだから、もちろんそのようなeSports的打算に満ちた小利口な考えは邪道である。頭を使いたいならベネッサでも選びなさい。

色々書いたが、VFは避けや屈伸などの共通システムが強いゲームで、ジャンケンで殴りさえすれば相手は死ぬので、別に誰使ってもいいと思う。

初版:2021/08/19 ―― 改訂: 2021/08/24

同じテーマの記事を探す