2021年9月4日(土) / 手塚治虫のドラマツルギー、藤本タツキと映画

2021/09/05 ・ 日記 ・ By 秋山俊

古いマンガを読みたくなったので藤子不二雄Aのブラックユーモア短編(『不思議町怪奇通り』など)を読んでいたら、ふと手塚治虫も読みたくなったので、絶筆になった作品や『アドルフに告ぐ』あたりをパラパラと読む。

手塚作品は主題がデカいので、それを駆動するためのエンジンとして、古典悲劇のようなドラマツルギーをよく採用している。「運命の皮肉」というやつである。しかし主題がデカいだけに、これがよく適合している。最近のマンガは内容が良くも悪くも卑近なので、こういう大仰なエンジンはハマらない。そもそも古典劇自体が忘れられている。

また手塚作品は、手塚の、インテリ顔負けの教養の広さ深さをベースに展開されるため、簡単に底が割れないようなっている。私は、手塚最大の強味は創造性よりも教養だと思っている(突き詰めると教養こそ創造性なのだが)。

たとえばベートーヴェンの伝記漫画である『ルードウィヒ・B』を、他の作品と並行してサラッと描いたり、 『アドルフに告ぐ』でワーグナーの音楽を物語に自然に絡めて描けるのは手塚ならではと言える。手塚は短時間で並列的にプロットを練っているので、中・長編においてストーリーが迷走、あるいは伏線が忘却されることもしばしばだが、作家としての屋台骨が堅牢でハッタリも利いているためになんとなかなっている部分もある。

手塚とその直系の藤子不二雄コンビの時代までは、漫画家も教養の広さを重視していた。『まんが道』でも、手塚が事あるごとに「映画をいっぱい観なさい」と藤子不二雄に助言するシーンが出てくる。今日読んだ中だと、たとえば藤子不二雄Aの1972年の読切「内気な色事師」は、ストーカー問題をいち早く主題にした漫画だが、タイミング的にイーストウッドの『恐怖のメロディ』(’71)に触発されて描かれた可能性が高いのではないかと思う。

他方で最近の漫画は、もっぱら漫画を模倣した漫画が多い。殊に少年漫画はそうである。少年漫画で映画的教養をふんだんに利用している作家は荒木飛呂彦と藤田和日郎くらいではないか。

そんな中で最近、藤本タツキという新たな才能が登場し、タランティーノやフーパーを自在に引用して、少年漫画界で好き放題暴れまわっている。その藤本タツキが最近描いた読み切りが『ルックバック』である。単行本も出たので今日買ってきた。

この『ルックバック』も、映画の匂いがプンプンする複合的な作品である。とても良く出来ている。良く出来すぎていて、日本の漫画家志望者が自殺しないか心配である。しかし『ルックバック』を読んで筆を折るのはその芸術家の精神の問題なので、藤本タツキに罪はない。

(ヘッダー画像:手塚治虫『ネオ・ファウスト』『ルードウィヒ・B』)

初版:2021/09/05 ―― 改訂: 2021/09/06

同じテーマの記事を探す