2021年7月30日 / 悪友、東京散策:明治神宮~恵比寿

2021/07/31 ・ 日記 ・ By 秋山俊

3ヶ月くらい前から、月に一度程度、「悪友」と街を当てどなく6時間くらい歩き続ける、という「定期散歩」が起きている。今回は渋谷区付近を歩いた。

この「悪友」、8歳くらいからの付き合いなのだが、現在、プライベートでも私とまともにコンタクトを取っている地球上で唯一の男である。何度も私の方から音信不通になっておいて、2年前に再会したときにも、その後の連絡を無視し続けたのだが、しつこいもので、ずっと連絡してくるので、私もなんだか根負けして付き合いが続いている。

なぜ無視してたかというと、読みたい本や映画が山程あったためである。別に彼を嫌ってるというほどではない。普通ならこんな私には愛想を尽かすと思うのだが、それでも連絡してくるのは何故なのか。理解できないが、今では少しだけ感謝もしている。

独言録:夏の音楽性

12時24分に記録

東京散策:明治神宮~恵比寿

明治神宮は原宿に在る、かなり巨大な神社である。ほとんど森の中にあるようなものだが、経路が妙に直角的に、人工的に作られているため、どことなく、迷宮めいた雰囲気をかもしている。もっとも、道がほとんど一本しかないのだが……。悪友が賽銭を投げてお参りしている間、私にはそのような宗教的習慣がないので、近くでボケッとしていた。

そのまま国立代々木競技場付近を通り、代々木公園をも通り抜ける。代々木競技場は64年東京オリンピックの際に建設されたそうである。現在、オリンピックの最中なので、さすがに警官の数が多い。普段の私なら、これほどの数の警官の前を職質なしで切り抜けるのは至難の業なのだが、隣にいた悪友が悪人顔であったため、私の善良さが自ずと際立ち、人徳あらたかで、職質を余裕で免れる。

渋谷駅付近まで来たところで、豪雨の兆しがあり、仕方なくスタバへと退避。スタバは高いクセにコーヒーがまずいので気が進まなかったが、それでも背に腹は代えられないと思ったのだが、コールドブリュー(水出し)・コーヒーは意外にうまく、悪くない。

雨が止んでから「麺屋武蔵」で早めの夕食をとる。ここの冷やし胡麻担々麺が美味いとのことである。麺3倍まで無料で盛ってくれるので、普段なら迷わず3倍で、それ以外は「逃げ」と断じるところだ。ところが5時間前に昼食を済ませたばかりだし、口に合わなかったら具合が悪いと思ったので、ヒヨって2倍盛りで妥協してしまう。ところが一口目からべらぼうに美味く、思わず「麺の量を間違えた。これは4倍まであった」と漏らすが、後悔先に立たず。

この日の気温は28度程度と、7月末にしては穏やかだったが、降雨のせいで湿気が半端なく、歩を進めるほどにじわじわと汗ばんでいく。わざと渋谷でアップダウンの激しい坂道を歩き、「あぁ、ここはやっぱ谷なんだね」と思いながら、恵比寿までのらりくらりと歩いていくが、ここで「ASO:VIBA!」というゲームセンターを発見。ビルの2/3Fに「ゲーム」というシンプルな看板だけがある、昔ながらの隠れゲーセンなので、思わずスルーしてしまいそうな立地である。

ビルの2/3Fに「ゲーム」というシンプルな看板だけがある……(写真はGoogleマップより)

意外にも気骨があるゲーセンで「ストIII 3rd」「D&D SoM」など、狭い店内に最大限の“わかってる”ラインナップを揃えている。記念に「D&D SoM」を遊ぶが、即行で終わる。

ゲームオーバー画面の気だるい縦スクロールを眺めながら、「オレが得意なのはD&D ToDの方で、全盛期ならブラックドラゴンですら赤子同然。速く撃破し過ぎてよく進行バグを引き起こし、そのたびに電源リセットを頼んで店員を困らせたものだ」と負け惜しみを残して、懐かしい昭和のビルを後にした。

(日記を書く習慣がなく、写真の1枚も撮らなかったのは何とも味気なかったと、書いてから気づいた)

初版:2021/07/31 ―― 改訂: 2021/08/11

同じテーマの記事を探す