映画というのは大金と大勢が投じられているから良い。作る人間は必死である。ヒットを生むためにあらゆる人材が投じられ、およそ使える限りの技術を駆使し、理論という理論が用いられる。戦争的と言えないだろうか。

映画評

映画内容の評価 + 映像メディア(ブルーレイなど)の評価に分離している(映像や音声の質はメディアによって異なるため)。

映画内容についての雑記

映画周辺の雑文

LINEで送る
Pocket