作品とは、その作家の人間観や価値観の総体だから、読書とは内臓の観察みたいなものだ。作品を語るということは、全面闘争である。

マンガ評

作品全体のレビュー・感想、あるいはそれに最も近い記事

その他

比較的軽めに書いた記事

LINEで送る
Pocket